更新情報

自治体・民間それぞれの特色

不用品回収をしてもらいたいという時、自治体や民間業者に依頼をするという方が大半なのである。
どちらを利用するかは品目や個々のスタンスなどによって変わってくるかとは思うのであるが、それぞれの特色や注意点などかあるのだ。
これらについて知っておくと、粗大ごみ回収を依頼するときによりスムーズに進めることが出来るのである。

自治体利用の場合


自治体はその地区ごとに多少の差があるようなのだ。
しかし、地域の住民であれば誰でも利用が出来るという点が何よりもの特徴であろう。
未成年者利用も可能である。
この際、保護者のサインなども不必要なことから学生で1人暮らしだという場合に置いても効率的に取り入れることができるのである。
また、料金についても比較的に分かりやすい形式をとっていることから安心感を覚える方も多いようである。
シール1枚が500円・大型粗大ごみシールで1000円ということで、品目数が少なければ民間業者よりも安価に利用できるというのも良い点なのだ。
ただ、あくまで「家庭ごみ」に関してのサービス提供であることから事業系のごみは回収不可となるのだ。
そして料金が他の地域が安くても利用をするという事は出来ないので注意が必要なのだ。

民間業者の場合


民間業者は幅広い品目が回収可能という事が多く、1度に様々な品目を片付けることができるのである。
料金においては、各業者によって差がでてくるのだ。これはメニューにおいても同様である。
このことから、査定などを積極的に行って、料金に対して納得できることが前提となるのだ。
便利に利用できるというイメージに民間業者ではあるが、しっかりと選ぶことがポイントとなるのだ。
中には悪質な業者と言うものも存在しているので、自分の目でそして口コミなども取り入れつつ判断していくと良いのである。
また、自治体では利用できない事業系のごみも回収は可能となっており、中には法人や企業・店舗専門の回収業者も存在しているのである。
このことから、こうしたものに該当をする場合は民間業者を利用することになるのである。

自治体・民間業者どちらが良いのか

こうしてそれぞれの特徴を知っていただけると、それぞれに良い点・悪い点というものが見えてくるのだ。
どちらが絶対的に便利だという事は言いにくいのである。
利用環境や品目などに合わせて2つのスタンスを上手に取り入れていくのが1番なのである。
利用前にそれぞれを比較してみるというのも良い方法なのだ。