利用の方法や品目の状態について

粗大ごみなどの不用品を回収して欲しいというとき、「このような状態で回収してもらえるのだろうか」という不安を抱いた経験があるという方も多いようである。
ここでは、幾つかの例を掲げながら先のような不安について触れて行きたいのである。

破損しているものに関して

自治体・民間業者どちらにおいても回収は可能である。
ただし、リサイクルの利用としては不可となるケースが多いので買い取り価格がつかなかったり自治体だと一般回収という形になるのである。

組み立て式の家具を解体した場合


自治体回収の場合は、指定のごみ捨て場におくというスタンスから、ひとまとめにしておく必要がある。
業者利用の場合は特に問題は無いのである。作業効率のために解体したものをある程度はまとめて置いておくというのも良い方法である。

リサイクルの利用に関して

リサイクルは破損や汚れなど目立つ損傷がなく、再利用できると判断されたものは自治体に置いても民間業者においても利用することは可能である。
民間業者の場合は買い取り価格が人気や状態によって変化することもあるのだ。

産業廃棄物について

自治体利用のときは一般回収としては申し込み不可となっているのである。
民間業者の場合は、業者にもよるが回収してもらえるケースが大半のようである。
その際、産業廃棄物だけをまとめて置いておくのも良い方法なのだ。

多くの品目は回収可能

該当品目であれば、基本的にはどのような状態でも回収は可能となっているが、不安な場合は問い合わせなどをしてみると良いのである。